生活様式に合った競技視聴|プロ野球を速報で楽しむ|時間がなくても把握が可能

プロ野球を速報で楽しむ|時間がなくても把握が可能

生活様式に合った競技視聴

キャッチャー

求められる条件

現代では生活様式の変化や情報媒体の進化に伴い、様々な娯楽のパターンも変化していると言われています。スポーツ観戦のスタイルにも同様の事が言え、従来の様な観戦・視聴形式が取りづらくなった人に向けた、新しい情報提供システムを確立する事が求められます。プロ野球の速報配信もまた、スタイル変化の影響を受けた1例とされています。元々プロ野球では試合時間が他スポーツと比較して長めであるという特徴が挙げられます。また選手やチームの成績・記録に関するデータを数値形式で表現しやすい事から、デジタル媒体を活用した情報配信が有効なタイプと言われています。こうした特徴から、近年のプロ野球速報では単に結果を伝えるだけの内容だけで無く、生活の合間でもスグに情報把握ができる様な、詳細なデータや選手の動作情報を照らし合わせた速報配信へのニーズが高まっているとされています。そして利用者としても、自らの生活パターンに合った速報形式を導入する事が有効とされています。

主な視聴環境・形式

プロ野球に関するデータや速報を配信する環境としては、動画サイト形式、Webページ形式、アプリ形式、という3種の大別が挙げられます。まず動画サイト形式とは、従来のテレビ放送の様なリアルタイムの映像を、専用のサイト上で配信しているタイプを指します。通信回線状況の影響から若干のタイムラグがあるとしても、ほぼ実際に近い映像を見る事ができる点が最大の長所となっています。反面、通信データ量が膨大な事から、使っている端末への負荷が大きめであったり接続しづらかったりする面、あるいは有料のケースもあります。次にWebページ形式は、従来の様な文字列形式での情報がまとめられたサイトの事を指します。比較的、データ量が少なく済むために接続障害を起こしづらい長所があり、主に1打席ごとの結果を知りたいケースでは有効となっています。反面、実際の動作や1球ごとの詳細を把握する事は難しい点が挙げられます。そこで近年増えている、最後のアプリ形式では「1球ごとの経過」を伝える速報形式が主流になっています。専用のアプリを携帯端末に導入するだけで、比較的軽いデータ通信で1球ごとの結果を知る事が可能となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加